今だけ!大特価

Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

ゲオルグ ミュラー シュティフトング
Georg Műller Stiftung


ドイツ, ラインガウ, VDP
Germany, Rheingau, VDP


ゲオルグ・ミュラー・エステイトは、ハッテンハイムの絵のように美しい古代からある村の中心にあります。ハッテンハイムはライン川のほとりにあり、ドイツの最も評判の良いワイン生産地域、ラインガウ地方に位置しています。このエステイトは、19世紀末にゲオルグ・ミュラーによって創立されました。およそ6 ha におよぶ敷地は小さいですが、”Schuetzenhaus (シュッツンハウス)”、”Wisselbrunnen (ヴィッセルブルネン)” などをはじめとする最も名声のあるブドウ畑が敷地内に属しています。当然のことながら、このエステイトのワインは、比較的短時間で有名になり、専門家の間で評判になりました。エステイトの収益が故郷ハッテンハイムの貧しい人々を助けるために使われることを取り決めて、1913年にゲオルグ・ミュラーはこのエステイトを村に寄付しました。こうして、エステイトは ”Georg Mueller Stiftung (ゲオルグ・ミュラー財団)” として知られるようになりました。1972年にハッテンハイムはエルトヴィレ自治体と統合しました。2003年にエルトヴィレ市は、市がエステイトの運営を続けるより民営化することを決定しました。

このエステイトの新しいオーナーは最終的にペーター・ヴィンターに決まりました。ドイツと海外のワイン貿易に優れた人格者であるヴィンター氏は、当時、ドイツの有数なワイナリーの取締役会長でした。彼の指導のもとで、そのワイン会社は世界の10大ワイン会社の一社となりました。彼は引退後、有名なエステイトを自分で所有したいと、長いこと熱望していました。彼が財団ゲオルグ・ミュラーを手に入れたとき、財団はやや休眠状態でした。過去の栄光を取り戻すには、いろいろな配慮と莫大な投資をする必要性がありました。このエステイトを発展させることに集中し、長いこと温めてきた夢を実現するために、2005年、彼はワイン会社の取締役会長から退きました。

”伝統と未来の融合” というモットーの下で、その後ヴィンター氏は、幅広い品質改善処置を実行することで躍進してきました。彼が行った改善処置とは、手作業での収穫、収穫量を減少すること、生態学的に植えること、ブドウの枝を間伐すること、さらには、(一気に収穫するのではなく数回にわたって熟したフドウを摘む)選択的にかつ遅く収穫することでした。醸造のマイスターと共に、最も近代的な醸造装置を導入し、醸造技術を重視した厳しい品質を設定しました。初期の厳しい数年を経て、今や、彼は念願の結果を手に入れています。このエステイトのワインは、再び好評になり、数多くの国内外の最優秀賞を受賞しています。基本的に、リースリング(90%ほど)とシュペートブルグンダー(約10%)の2品種のブドウが、このエステイトでは栽培されています。どちらもドイツの最も高貴なブドウです。醸造されるワインの大部分は辛口または中辛口です。ただし、アウスレーゼ、BA、アイスヴァイン、TBAのような稀な高級ワインが、醸造されたならばフルーティまたは甘口です。

マウレはチリの最大のブドウ栽培地域(セントラルバレー)ですが、他の多くのブドウ栽培地域よりも南に位置しているため、冬の気候が涼しく降雨量が多いという利点があります。成長する季節の夜も涼しいです。これにより成長期が広がりますが、ブドウの熟度と酸味の優れたバランスが得られ、ワインの熟成が可能になります。



The Georg Müller estate is located in the center of the picturesque and ancient village of Hattenheim on the Rhine and in the Rheingau, Germany's most reputed wine producing area. The estate was founded by George Müller at the end of the 19th century. The property, made up of about 6 hecates, is small but possesses a number of the most renowned vineyards (sites) within the area, such as e.g. "Schützenhaus"and "Wisselbrunnen," among others. Not surprisingly the wines of the estate became, within a relatively short time, well-known and reputed among connoisseurs. In 1913 Georg Müller donated the estate to his hometown stipulating that the profits of the estate should be used to help the needy of the village. Thus, the estate became known as "Georg Müller Stiftung" (foundation). In 1972 Hattenheim was integrated into the larger municipality of Eltville. In 2003, the city of Eltville decided to privatize the estate rather than to continue managing it themselves.

The choice of who should become the new owner of the estate eventually fell on Peter Winter. At the time, Mr. Winter, a distinguished personality of the German and International wine trade, was the Chairman of the Board of Germany's leading winery. Under his leadership, the company had become one of the ten largest wine companies in the world. He had, for a long time, desired to own, after his retirement, a reputed estate himself. The Georg Müller Stiftung estate was somewhat dormant when he acquired it. A lot of attention and a great amount of investment would be required to bring it back to its old glory. In 2005, he decided to retire from his position in order to focus on developing the estate and realize his long held dream.

Under the motto "A Tradition with a Future" he has since made great strides by implementing wide ranging quality improvement measures such as manual harvest, reducing the yield, planting ecologically, thinning (of grape bunches) as well as harvesting late and selectively (picking ripe grapes several times rather than harvesting all in one go). With his cellar master he also installed the most modern equipment and instituted strict quality oriented cellar techniques. After some tough initial years he is now obtaining the desired results. The wines of the estate have again become much sought after. They have been awarded many of the highest National and International awards. Essentially two grape varieties are grown on the estate, the Riesling (almost 90%) and Spätburgunder (about 10%). Both are Germany's noblest grapes. The majority of the wines produced are dry or off-dry with the exception of the rare premium wines like Auslese, BA, Eiswein and TBA which, when produced, are fruity or sweet.

ドイツワイン生産者ワイナリー受賞


6商品