Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

シャルドネ
Chardonnay

赤ワインのブドウ品種 バルベーラ
起源:長い間、シャルドネの起源は知られていませんでした。伝統的にピノ種と一緒に植えられていたので、シャルドネはピノ・ファミリーの一員と想定されていました。1999年のDNA検査で、この ”高貴なブドウ” は(どれとはまだ確定されていませんが)あるピノ種のブドウと”農民のブドウ” と呼ばれているグアイス・ブランとの自然交配種であると確認されました。さらに結果として、シャルドネはリースリング種とも関連があります。(ドイツではヴァイサ・ホイネッシュと呼ばれている)グアイス・ブランは、中世ではドイツやフランスの農民たちによく知れわたっていました。その起源はオーストリアまで足跡をたどることになります。
シノニム:シャルドネのシノニムは数多くあり過ぎて、全てを記載することはできませんが、この品種が今やあまりにも ”市場向き” になっているので、これらのシノニムはだんだん使われなくなってきています。
栽培国: 何世紀にもわたる学習と経験が、比類ないシャルドネ・ワインの生産をもたらしてきている国、フランスがシャルドネの故郷です。シャルドネはフランスで植栽面積第2位の白ワイン用の品種です。今では、シャルドネは世界的に有名になり、メジャーとかマイナーに関係なく、全てのワイン生産国で栽培されています。このブドウは、植栽された土地の土壌にとてもよく適応します。また、各国のワイン生産者は顧客の多様な味覚に応えようとするので、シャルドネ・ワインのスタイルや品質は多種多様です。シャルドネはシャンパーニュやその他のスパークリング・ワインを造るのにも使用される主要な品種の一つであることも注目すべきです。

Taste and Notes: シャルドネ・ブドウは、栽培のしやすさと保管に適していることが評価されています。そのブドウは、様々な気候や土壌でよく育ちます。しかし、チョーク、泥灰土、石灰岩土壌で一番良いブドウが生産され、シャルドネは温暖な気候を好みます。シャルドネ・ワインは、基本的に風味も味感もニュートラルですが、一般的にフルボディで、のどごしが良く、そのうえ甘味と酸味のバランスが良いワインです。土壌がそのブドウの特徴を授け、ワイン醸造者が保管庫でそのワインのスタイルを発育させます。(良い)シャブリはすっきりとした味わい、辛口、または火打石のような香り、ふくよかで、コクがあり、丸みをおびて、力強く、ミネラル豊かで、トロピカルなどの様々なスタイルを持つことができます。さらに、(時には強すぎるのですが)オーク樽の風味があり、果実味豊かなワインにもなります。栽培のしやすさと洗練されたワインが造りやすいことで人気がありますが、この品種はケアが必要です。つまり、成長力が旺盛なのでまめに剪定が必要ですし、成熟期に酸味を失う傾向があり、様々なブドウの病気に感染しやすく、また腐敗しやすく、発芽が早いので霜害もうけやすいのです。


商品情報のPDFデータはこちら
Click here for PDF data of product information.



12商品





  • ギフト1本箱
    1,100円(内税)

  • ギフト2本箱
    1,200円(内税)

  • ギフト3本箱
    1,400円(内税)