Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

スタートリッヒャー・ホーフケラー ヴュルツブルグ
Staatlicher Hofkeller Würzburg


ドイツ フランケン地方 VDP オルツヴァイン
Germany, Franken, VDP Ortswein


こちらのエステイトは、元司教領 ”Wuerzburger Residenz (ヴュルツブルグの宮殿)” の一部です。この宮殿は、ヨーロッパのバロック建築様式を代表する屈指の宮殿の一つです。建物の外観は1720年から1744年のわずか24年間で仕上がり、内装は1870年代までに完成しました。その時代の最も美しいバロック様式を象徴しています。高さ23mの階段室にある18×30mの広大で何の支えもないアーチ型の天井は見事に美しく、最も有名です。1752年から1753年に、Giovanni Battista Tiepolo (ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ)がこのアーチ型の天井に60 m² もある大きな天井フレスコ画を描きました。この優美な宮殿は、1945年の空襲でほぼ破壊しましたが、奇跡的に階段とフレスコ画は無事でした。戦後すぐに宮殿の再建が始まり、1987年に完成しました。1981年、ユネスコはこの宮殿を ”世界文化遺産” として登録しました。

- 広大な貯蔵庫、”Hofkeller”(宮廷セラー)には、最新の醸造装置やバリエーション豊かな木樽にワインを蓄えています。 -
”Hofkeller”(宮廷セラー)は、その起源が1128年まで遡れるドイツで最古のエステイトです。このエステイトは脱宗教化が行われるまで、教会に所属していましたが、19世紀初めにバイエルン州の所有地になりました。120haのブドウ畑で成り立ち、年間80万から90万本を生産するドイツ第3位の大きなエステイトと言われています。宮殿の下には、地下4階まで続く貯蔵庫があります。その貯蔵庫は、最も近代的なワイン醸造装置、大きさや年代が様々な何百もの木樽、たくさんのテイスティングや晩餐会用の食器類も収容しています。厚み5mの壁や柱と、高さ8mのアーチ形の天井の貯蔵庫は、宮殿と同時期に建設されました。貯蔵庫の大きさは4,500m²を超え、およそ900mを占める回廊があります。

- 格式のある貯蔵庫にふさわしいブドウ畑のスケール、高品質を維持すべく、手入れも疎かにしません。 -
エステイトは、手入れが行き届くように栽培地区を分け、ワインの品質を特に重視して多種多様のワインを醸造しています。その中で ”Wuerzburger Stein (ヴュルツブルガー・シュタイン)” が最も有名です。シルヴァーナー、リースリング、ヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)などのブドウは、赤色砂岩、石灰岩、泥灰岩で栽培され、等級の高い、好評なワインを造ります。休眠期間、このエステイトは地域第1位の醸造所として、この数年間で復帰しました。このエステートは主に辛口、中辛口、フルーティな白ワインを造っています。また、残念なことにとても生産量は少ないのですが、素晴らしい赤ワイン(ピノ・ノワール)も造っています。



The estate is part of the "Würzburger Residenz"of the former prince-bishops. The palace is one of Europe's most famous baroque palaces. The shell of the building was completed in only 24 years (from 1720-1744); the interior was completed by 1870. The residence represents the finest baroque style of its time. Its most famous part is the magnificent staircase with a height of 23 meters. A huge, unsupported vault measuring 18x30 meters covers it. In 1752/53 Giovanni Battista Tiepolo painted the vault. With 600m² it is the largest ceiling fresco ever painted. The palace was almost completely destroyed during an air raid in 1945. Miraculously the staircase and fresco were saved. Reconstruction started right after the end of the war and was completely finished in 1987. In 1981, UNESCO listed the residence as a "World Cultural Heritage.

- The deep undergroud cellar of 4,500 contains the most modern wine making equipment,
hundreds of oak casks and many banquet and wine tasting settings. -

"The "Hofkeller" (court cellars) is Germany's oldest estate tracing its origins back to the year of 1128. The estate belonged to the Church until the secularization. It became the property of the Bavarian State at the beginning of the 19th century. It is said to be Germany's third largest estate, producing between 800-900,000 bottles annually and comprises of 120 hectares of vineyards. Deep cellars going down four levels are located underneath the palace. They contain the most modern wine making equipment and hundreds of old and new, large and small wooden casks and many tasting and banquet settings. The cellars were built at the same time as the residence with walls and supporting pillars up to 5 meters thick and vaults up to 8 meters high. The size of the cellars exceeds 4,500 m² with the corridors taking up close to 900 meters.

- The estate produces a large variety of wines with particular emphasis
on classified growth of which the “Würzburger Stein” is the most famous. -

The estate produces a large variety of wines, with particular emphasis on classified growth areas, of which the "Würzburger Stein" is the most famous. Grapes such as Sylvaner, Riesling, Weissburgunder (Pinot Blanc) and Spätburgunder (Pinot Noir) and others are grown on red sandstone, limestone and Keuper producing highly graded and sought after wines. After a period of dormancy the estate has, during the last years, regained its regional primacy. The estate produces mainly dry, off-dry and fruity white wines but also some outstanding red wines (Pinot Noir) but unfortunately in very small quantities.

8商品