今だけ!大特価

Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

シャトー・カスカデ
Chateau Cascadais


フランス, ボルドー, フロンサックAOP
France, Bordeaux, Fronsac AOP


メドック/ボルドーのブレニャンにある有名なクリュ・ブルジョワ・シャトー・トゥール・オー・コサンの所有者であるフィリップ・クリアンが、1992年にこのドメーヌを築きました。彼は、地中海にとても近いその地域の気候の良さと土壌の質という特質だけでなく、その土地の美しさにも圧倒されました。そこのテロワールが与える素晴らしい条件のおかげで、地域的な特徴を表わす極めて優れたワインを再び造り出せるであろうと彼は確信しました。彼が購入し、シャトー・カスカデと命名した90ヘクタールの所有地は、以前はシャトー・サン・ローランの一部でした。“シャトー・カスカデ”の名前はその土地にある大きな美しい滝にちなんでいます。エステイトは、50ヘクタールの“ガリグ(Garrigues)”(低木地)、10ヘクタールの農地、3ヘクタールのオリーブ農園、25ヘクタールのブドウ園で構成されています。ブドウ園の8ヘクタールは長い年月を経たカリニャン、7ヘクタールはグルナシュ、8ヘクタールはシラー、1ヘクタールはムールヴェードル、残りの1ヘクタールにはサンソーが栽培されています。多くのブドウの木は樹齢60から70年の古木ですが、平均樹齢は35〜40年です。

メドックのクリュ・ブルジョワについて言うと、フィリップ・クリアンはシャトー・カスカデ(AOPコルビエール)を生産するためにとても伝統的な手段を用いています。シャトー・カスカデはこのエステイトの主要なワインで、5種類のブドウ品種を全て使い造られています。ブドウは手摘みで収穫され、茎を取る前に分類されます。伝統的なほうろうのコンクリートタンクでワインは発酵されます。その後、ワインの半分はオーク樽で熟成されますが、残りの半分はタンクの中に残され、2ヶ月ごとに澱引きされます。時期が来ると、ワインはブレンドされ、新鮮な卵白で清澄されます。およそ2か月後、ワインは瓶詰されます。

シャトーの家族は、その土地の美しい滝にちなんでブドウ畑もカスカデと新たに命名しました。フィリップ・クリアンは、メドックのシャトー・トゥール・オー・コサンの畑で作業していたようにこのシャトーのブドウ畑でも仕事をし続けています。彼はブドウ栽培やワイン生産のために環境に優しい方法を追求しています。数年の準備期間後、2013年ヴィンテージを皮切りにシャトー・カスカデワインは、BIOワイン、すなわち有機栽培ワインとして今では公認されています。シャトー・カスカデは、そのワインの洗練された品質に対し、ロバート・パーカー(ワイン・アドヴォケイト)とワイン・エンスージアスト(ワイン雑誌)からいくつもの称賛を受けています。



This Domaine was created in 1992 by Philippe Courriant, owner of the famous Cru Bourgeois Chateau Tour Haut Caussan at Blaignan in Medoc/Bordeaux. He was taken in by the beauty of the land as well as the nature and quality of the climate and soil of the area, so close to the Mediterranean sea. He was certain that the excellent conditions which the terroir provided would enable him to again produce an outstanding and regionally typical wine. The 90 hectares which he bought and named Chateau Cascadais were previously part of the Chateau Saint-Laurent. He named his new property "Chateau Cascadais" after the large and beautiful waterfalls on the land.

The estate is made up of 50 hectares “Garrigues” (Scrubland), 10 hectares of Farmland, 3 hectares of Olive plantations and 25 hectares of vineyards. 8 hectares are very old Carrignan, 7 hectares Grenache, 8 hectares Syrah, 1 hectare Mourvedre, and 1 hectar with Cinsault. The average age of the vines is 35 ~40 years, yet many vines are much older, ranging between 60 ~70 years.

As for his Cru Bourgeois in Medoc Mr. Courrian uses very traditional and environmental friendly ways to grow the vines and produce the Chateau Cascadais (AOP Corbieres). After several years of preparations and starting with the vintage 2013 Chateau Cascadais wines have now become BIO i.e. organically farmed wines. Chateau Cascadais is the main wine of this estate and made from all five grapes varieties. The grapes are harvested manually and sorted before being destemmed. The wines are fermented in traditional enameled concrete tanks. Thereafter half of them are raised in oak barrels while the other half is kept in the tanks and racked every two months. When ready the wines are blended and fined with fresh egg-whites. About 2 months later they are bottled.

Chateau Cascadais has received several accolades from Robert Parker (Wine Advocat) and the Wine Enthusiast for the quality and elegance of his wines.

1商品