Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

ドメーヌ・ブーシェ・シャトリエ、サン・タンドラン
Domaine Bouchie-Chatelier, Saint-Andelain


フランス, ロワール, プイィ・フュメ AOP
France, Loire, Pouilly Fumé AOP


このドメーヌは4世代目の家族が所有し経営しています。サン・タンドランの丘の頂上の土地を購入したロベール・ポワリエ(Robert Poirrier)が原点で、森に隣接する土地を整備してドメーヌ“ラ・ルナディエール(La Renardiere)”を築きました。ラ・ルナディエールの名前は“狐の巣”という意味です。その名前は近くの森に棲んでいた多くの狐に関連しています。

ドメーヌの所有者はプイィ・フュメワインに夢中で、ドメーヌを数回にわたり拡張し、ワインの品質をさらに良くするためには近代的なワイン生産手法を使うことだと固く信じていました。

後にブエリ氏(Boerie)が近隣のシャトーからサン・タンドランの丘にあるブドウ畑を購入しました。そのブドウ畑はドメーヌ“ラ・ルナディエール”の隣に位置していました。20世紀初めに双方の所有者の子供たちが結婚した時、2つのドメーヌは提携して1つになりました。

そのドメーヌは伝統的な方法で運営されています。近代的な技術を使うことも伝統的な方法の一環です。高品質のテロワールの特徴をよく示しているワインを生産することには特に注意を払っています。つまり、そのテロワールとは、ドメーヌの土壌を構成しているキンメリッジアン(キンメリッジ期)の石灰岩と泥灰岩を含んでいる石灰質粘土です。

エステイトで成長することは、家族の一員としてワイン生産方法の不可欠な知識に詳しいということを意味しています。しかし、それは決してその家族から十分だとは見なされません。いつかエステイトを引き継ぐよう運命づけられている人たちは、ファミリー・ビジネスを最終的に引き継ぐ前に、必ず親元を離れて長年を費やします。それは、初めに農業やワイン醸造学を学び、その後、国中の様々なエステイトで、今では海外のエステイトでも訓練を受け働くことです。



The Domaine is owned and managed by the family in the 4th generation. At its origin is Robert Poirrier who bought land on top of the St. Andelain hill and created the Domain "La Renardiere" by clearing up the land which was situated next to a forest. The name "La Renardiere" means "Fox Den". The name is in reference to the many foxes that lived in the near-by forest. The owner was passionate about Pouilly Fume wines, expanded the Domaine several times and was a firm believer in using modern wine making methods to enhance the quality of the wines.

Later Mr. Boerie bought a vineyard from a neighbouring chateau also on he hill; The vineyard was situated next to the Domaine "La Renardiere". Both Domaines were joinded when the two children of the owners married at the beginning of the 20th century.

The Domaine is managed in traditional ways; the use of modern technology is also part of it. Particular attention is paid to producing wines which are typical of the premium terroir i.e. calcareous clay containing Kimmeridgian limestone and marlstone of which the soil of the Domaine is constituted. Growing up on an estate means that a family member is well acquainted with the essential kowledge of how to produce wines. But that was never considered enough by the family. Those meant to take over the estate one day have always spent many years away from home before eventually taking over the family business. Initially to studdy agriculture and oenology, then to train and work at different estates around the country which now includes also of training and working on estates overseas.



1商品