Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

テヌータ・サン・フィリッポ
Tenuta San Filippo


イタリア, トスカーナ州, ロッソ・ディ・モンタルチーノ DOC
Italy, Tuscany, Rosso di Montalcino DOC


モンタルチーノの町周辺では、赤ワイン用のブドウがずっと以前から栽培されています。このワインはトスカーナ州の他のワインよりも優れているという見解が、1831年に初めて表明されました。1865年にイタリアの農産物展示会でのベスト・ワインは、モンタルチーノのブルネッロだったことが注目されました。1879年までには、この(今では)有名な“ブルネッロ”ブドウ品種は、よく知られたサンジョヴェーゼ・ブドウに他ならないということが定着しました。生産地ではこのブドウは茶色のちびっ子つまりブルネッロと呼ばれています。しかしながら、ワインは“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ”の名前が付け続けられています。

1960年まではたった一つのエステイト(ビオンディ・サンティ)がこのワインを造っていました。それ以降、ワインの評判が益々高まったので、農家はその他の農作物の代わりにこのブドウの木を植えました。1980年にイタリアでDOCGの地位を認められた一番目のアぺラシオンでした。

サン・フィリッポ・エステイトは1972年、かなりの草創期に立ち上げられました。このエステイトは、モンタルチーノの北部にあるビオンディ・サンティのブドウ畑の近くにあります。現在の所有者、ロベルト・ジャンネッリは2000年にエステイトを購入し、全面的に改修しました。このエステイトは22ヘクタールから成り立ち、その11ヘクタールがブドウ畑で、残りの半分がオリーブ園です。年間およそ30,000本のブルネッロとおよそ10,000本のロッソ・ディ・モンタルチーノが生産されています。ブルネッロ・ワインは少なくても1年間、スラヴォニアン・オークとアリエ・オークの大樽で熟成します。一方、ロッソ・ディ・モンタルチーノ・ワインは以前に使用された樽や大樽で最低6か月間熟成します。

北向きの傾斜面で栽培されたブドウで造られたワインは、南向きの傾斜面で育てられたブドウからのワインが一般的に骨格のしっかりした力強いワインなのと比べて、もっと優雅でアロマの高い独特な風味です。どちらの畑の向きからのワインもとてもよく熟成し、30年以上の熟成も稀ではありません。



Red wines have since ever been grown around the city of Montalcino. The notion that this wine is "superiour to all others from Tuscany" was first voiced in 1831. In 1865 it was noted that the best wine at an agricultural fair in Italy was a Brunello from Montalcino. By 1879 it had been established that this (by now) famous "Brunello" grape variety was none other than the well-known Sangiovese grape. Locally the grape was called Brunello, a dimunitive of bruno (brown). However, the wines continue to be named "Brunello di Montalcino".

Only one estate (Biondi-Santi) produced the wine until 1960. Since then, as the reputation of the wines grew, more and more farmers planted vines instead of other produce. In 1980 the appellation was the first in Italy to be granted DOCG status.

The San Filippo estate was created rather early, in 1972. It is located close to the Bondi-Santi vineyards in Northern Montalcino. The present owner Roberto Giannelli bought it in 2000 and completely renovated it. The estate is comprised of 22 hectares, 11 are vineyards, the other half are olive groves. About 30,000 bottles Brunello and about 10,000 bottles Rosso di Montalcino are produced annually. The Brunello wines mature in Slavonian and Allier oak casks for at least one year while the Rosso di Montalcino wines age for at least 6 months in used barrels and casks.

Wines made from grapes grown on the northern slopes are more elegant, distinctive and aromatic as compared to the wines made from grapes grown on the southern slopes which generally are bold and powerful. Wines from both expositions age very well, over 30 years is not rare.



Estate Notes

エステイト
Estate
22Ha
ブドウ畑
Vineyard
10Ha
1ヘクタールあたりのワイン生産量
Vines
10,000
1ヘクタールあたりのブドウ収穫量
Yield
50HI/Ha
ヴィンテージ
Vintage
30 years
標高
Elevation
300m
収穫方法
Harvest
手摘み
Manual
選別方法
Sorting
2回
Twice
清澄処理
Fining

Organic compounds
畑の方角
None
北から東
North-east
土壌
Soil
岩砂
Rock Sand
ろ過処理
Filtration

none
年間生産本数
Bottles a Year
15,000


2商品