Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

シャトー・デュ・ガザン・ロベール
Chateau du Gazin, Fam. Robert


フランス, ボルドー, フロンサックAOP
France, Bordeaux, Fronsac AOP


シャトー・デュ・ガザンは、サン・テミリオンとポムロール アぺラシオンに隣接する、ドルドーニュ川右岸の土手に位置しています。このシャトーの起源は1532年、シーニョリアル・ドメーヌであった頃に遡ります。当時、そのドメーヌでは既に上質なワインを造っていました。1715年に所有者が変わり、その時、現在知られているシャトーとワイン貯蔵室が建てられました。ハト小屋だけが初代のまま温存されています。1935年にジョルジュ・ロベール (Georges Robert) がこのシャトーを購入し、それ以来、彼の家族が所有しています。

Gazin-grape_resize.jpgこのエステイトは、30ヘクタールのまとまった一つの土地から成り立っています。その24ヘクタールはカノン・フロンサック アぺラシオンで、6ヘクタールはフロンサック アぺラシオンです。土壌構成はサン・テミリオンの土壌と類似しています。つまり、石灰岩の土手を粘土質石灰岩がおおっています。ブドウ畑は南向きの傾斜面にあります。その傾斜面が確実に土壌の水はけも良くしています。また、近くにあるドルドーニュ川が自然の温度平衡装置として働いています。

ぶどうの木の平均樹齢はおよそ35年です。栽培されているブドウの85%はメルロー、そしてカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、マルベックが各5%ずつです。時間と共に、カベルネ・フランのシェアーはさらに高まるでしょう。



Chateau du Gazin is situated on the right side bank of the Dordogne river, next to the Saint Emilion and Pomerol appellations. The origins of the chateau dates back to 1532 when it was a Seignorial domain. Already at that time superior wines were produced on the Domaine. In 1715 the owner changed. The chateau and wine cellars as we know them now were built at that time. Only the original dovecote is preserved. In 1935 the chateau was purchased by Georges Robert and since then has been owned by the family.

The estate is comprised of 30 hectares, made up of a single piece of land. 24 hectares are of the Canon-Fronsac appellation and 6 hectares of the Fronsac appellation. The soil composition is similar to the one in Saint Emilion i.e. limestone clay on a limestone bank. The vineyard is situated on a slope exposed to the south. The slope also ensures that the soil is well drained. The nearby Dordogne River serves as a natural temparature equalizer.

The average age of the vines is about 35 years. 85 % of the grapes are Merlot, 5 % Cabernet Sauvignon, 5 % Cabernet Franc and 5 % Malbec. Over time the share of Cabernet Franc grapes will be increased.

1商品