Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

シャトー・クロ・デュ・ノテール
Chateau Le Clos du Notaire


フランス, ボルドー, コ-ト・ド・ブールAOP,
France, Bordeaux, Cotes de Bourg AOP


このエステイトは、ガロンヌ川とドルドーニュ川の合流点が見渡せる丘の上にあります。クロ・デュ・ノテールは公証人のメートル・メナードの妻が19世紀半ばに相続した、小さなファミリーブドウ園として始まりました。彼と同様に公証人の義理の息子、メートル・アンリ・クタンが、同じように相続し、次に彼の息子が引き継ぎました。時間とともに、”クロ・デュ・ノテール” (公証人のブドウ畑)として、このエステイトは知られるようになりました。1950年代に、公式にその名称になりました。1974年に、このエステイトはシルヴェットとローラン・シャボネーによって引き継がれ、その後、ブドウ畑を再構築し、色々な面を近代化しました。

このシャトーが注目を浴びることとなった基準の一つは、その土壌の混合物と多様性です。土壌は化石石灰岩の上に鉄分豊かな礫岩で主に構成されています。石灰岩は、乾燥した気候では湿気を保ち続け、涼しい時期には水はけを良くします。フランスの最高級のワインの多くは、一般的に言って、ブドウに甘さと素晴らしい栄養素をもたらす石灰岩の土壌で栽培されたブドウに由来しています。しかし、石灰岩の土壌には鉄分が不足しています。最も偉大なワインを造るのは、石灰岩と鉄分の組み合わせなのです。その混合は、ワインに豊かな風味、しっかりした構成、濃い色調、複雑味をもたらします。また、確実にワインが熟成し、さらに何年も経ってもっと良く熟成させる濃度もその混合がもたらしています。

このエステイトは21 ha で、2つの独特な区画が含まれています。15 ha の”ル・クロ・デュ・ノテール”は、主に、粘土質石灰岩の上に砂利で構成されたテロワールです。5 ha の ”ノテール・グラン・レゼルヴ” は石灰質沖積層の上に鉄分豊富な砂礫層があるテロワールです。畑を変えながら栽培された若いブドウで、ロゼワインを造っている ”ル・クレア・デュ・ノテール” は、合せて1 ha のブドウ畑で構成されています。1956年に遡る最も古い木もありますが、ブドウの木の平均年齢は30年です。栽培されている主な品種はメルローで、次にカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランと続きます。グラン・レゼルヴ・ワインの50%は新しいフランスのオーク樽で熟成されますが、クロ・デュ・ノテール・ワインが樽で熟成されるパーセンテージは、グラン・レゼルヴより低いです。

ワインのテイストはヴィンテージによって異なりますが、濃い深みのある色調で、若いうちはトーストされた香りがそっと感じられ、熟成後は複雑味、熟した果実のブーケがあります。ワインはフルボディで、よく馴染んだタンニンがあり、口に含むと凝縮味と力強さを感じます。



The estate is located on the hills overlooking the confluence of the Garonne and Dordogne rivers. Le Clos du Notaire started out as a small family vineyard which the wife of Maitre Menard (a Notary) inherited in the mid-19th century. His son-in-law Maitre Henri Coutin (also a Notary) in turn inherited the estate and was followed by his son. Over time the estate became known as the "Cru du Notaire" (vineyard of the Notary). In the 1950s it was so named officially. In 1974 the estate was taken over by Sylvette and Roland Charbonnier who have since restructed the vineyards and modernized it.

One criteria which makes the chateau stand out is the diversity of its soil. The soil is mainly composed of iron-rich gravel over fossil limestone. Limestone retains moisture in dry weather and provides good drainage in cool periods. Many of France's greatest wines derive from grapes grown on limestone which provides sweeter grapes and excellent nutrients to grapes in general. But limestone lacks iron. It is the combination of limestone and iron in the soil which produces the greatest wines. The combination brings richness, power, depth and complexity to the wines and a concentration which enables the wines to mature and age very well for many years to come.

The estate encompasses 21 hectares with two distinct plots of land: The "Le Clos du Notaire" with 15 hectares and a terroir which is mainly composed of gravel on clay-limestone. The "Notaris Grand Reserve" with 5 hectares and a terroir of iron-rich gravel over asteria fossil limestone. "Le Clair du Notaire" is made from young wines grown in varying places and constituting about 1 hectare from which the rose wine is made. The average age of the vines is about 30 years with the oldest vines dating form 1956. Merlot is the main grape variety grown, followed by Cabernet Sauvignon and Cabernet Franc. Fifty percent of the Grand Reserve wine is aged in new French oak barrels while a lesser percentage of barrel ageing is used for the Clos du Notaire wine.

While the taste of the wines vary depending upon the vintage, they are of a deep dark colour, have lightly toasted aromas in their youth and complex, ripe fruits bouquets after they matured. They are full bodied, intense and powerful on the palate but with well-rounded tannins.

Estate Notes

エステイト
Estate
21Ha
ブドウ畑
Vineyard
21Ha
1ヘクタールあたりのワイン生産量
Vines
4,800
1ヘクタールあたりのブドウ収穫量
Yield
45HI/Ha
ヴィンテージ
Vintage
30
標高
Elevation
20m
収穫方法
Harvest
機械摘み
Mechanic
選別方法
Sorting
2回
Twice
清澄処理
Fining
卵白
Fresh egg-white
畑の方角
Exposure
南/南西
South/southwest
土壌
Soil
石灰岩と粘土質砂利の上に粘土
Clay on limestone and clay-gravel
ろ過処理
Filtration
軽いろ過
Light filtration
年間生産本数
Bottles a Year
20,000
5商品