Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

ヴァイングート・マルクス・モリトール
Weingut Markus Molitor


ドイツ モーゼ カビネット
Germany, Mosel, Kabinett


マルクス・モリトールはこのエステイトを経営する家族の8代目ですが、このエステイトが今やモーゼルのエリート・エステイトの一つであるのはマルクスのワイン造りにかける情熱と哲学のおかげです。1984年、弱冠20歳でこのエステイトを引き継いだとき、彼はすでに何がほしいか知っていました。立ち止まることなく、彼は自分の理想を追い求めています。まさに最高のエステイトの仲間入りしていることにくわえ、ヴァイングート・マルクス・モリトールは今や、20の最高の”Lagen (ラーゲ)” (ブドウ畑)からのワインを取りそろえ、さらに、およそ40ヘクタールの畑を所有するモゼールで一番大きなエステイトの一つです。

モーゼルは(勾配が65%の所もある)世界一の急傾斜地でブドウを栽培していることで知られています。そして、このエステイトのブドウ畑の98%はそのような急斜面にあります。粘土板岩土壌、粘板岩と川からの反射で増強された日光が、リースリングブドウにストレスとミネラルの理想的なコンビネーションをもたらし、収穫の厳しい年でさえも素晴らしいワインを約束しています。

このエステイトのワイン醸造哲学の中心は、最高のワインを造るために、完熟した健康なブドウを栽培し収穫することです。できるだけ遅い収穫をすること、様々な時間にブドウ畑を回ってブドウを剪定することは、ワインの質を向上させるための決して終わることのない探求の一環でもあります。もう一つのモリトールの哲学は、其々のワインの可能性と特性を完全に引き出すことです。リースリングブドウは、ワイン醸造者たちが求めている完璧さと千差万別の ”自然な表情” をもたらします。

ブドウ畑での仕事が重要視されているとは言いながら、もちろん保管庫での仕事も極めて重要です。保管庫での最も大切な一面は、其々のワインの特性を尊重し、一層良くすることです。ブドウを選び素早く圧搾します。 ”本来の特徴” を持ち続けるために、酵母だけがワインを発酵するのに使われます。発酵が長い間、時には数か月間続きます。多くのワインは木樽の中で長期間過ごし、ワインの酸味、コク、深みなどの複雑性が増強します。ワインはろ過されませんが、その一方で、濁りをなくすために昔ながらの卵白が使われ、ワインが良く成熟し長い期間新鮮さが保たれるようになります。このエステイトは、年間20〜30万本のワインを醸造しています。およそ95%は白のリースリングで、3%が赤のシュペートブルグンダー (ピノ・ノワール)、2%がヴァイスブルグンダー (ピノ・ブラン) です。ほとんどのワインは辛口か中辛口またはフルーティですが、稀な上等級ワインは甘口か深みのある甘口です。



Markus Molitor is the eighth generation of the family to run the estate yet it is very much due to his wine making passion and philosophy that the estate is now a member of the elite of top ranked Mosel estates. He already knew what he wanted when he took over the estate in 1984 at the tender age of 20. He has pursued his ideals without pausing. Besides being ranked among the very best estates, Weingut Markus Molitor is now, with almost 40 hectares one of the largest estate on the Mosel, offering wines from 20 of the best "Lagen"(sites).

The Mosel is known for growing grapes on the most extreme steep slopes in the world (some at 65%) and ninety-eight percent of the estate's vineyards are located on such steep slopes. The pure slate soil, the exposition and the reflections from the slate and the river provide the Riesling grapes with the ideal combination of stress and minerals to ensure great wines, even in difficult years.

Growing and harvesting perfectly healthy and ripe grapes to make the best wines possible is at the center of the estate's wine making philosophy. Harvesting as late as possible and doing so selectively by passing through the vineyards at different times is also part of the never ending search to improve the wines' quality. Expressing each wine's full potential and individuality is another feature of Molitor's philosophy. The Riesling grapes offer perfection seeking wine makers an almost endless variety of "natural expressions."

Even though much emphasis is placed on the work in the vineyard the work in the cellars is, of course, of vital importance too. The most important aspect here is to respect and develop the individuality of each wine. Grapes are crushed quickly and selectively. Only natural yeast is used to ferment the wines in order to retain its "original character." Fermentation often lasts a long time, sometimes several months. Many wines will pass a prolonged period in wooden casks enhacing their complexity. Wines are not filterd while traditional egg-white is used for fining enabling them to age well and retain their freshness for a long time. The estate produces 200-300,000 bottles annually. About ninety-five percent are white Riesling wines, three percent are red Spätburgunder (Pinot Noir) and two percent are Weiβburgunder (Pinot Blanc). Most are dry, off-dry or fruity with the rare top grades being sweet and luscious.

2商品