Shopping cart
User
絞り込む Search by 
種類から探す All by kind
条件から探す All by condition
コンテンツ Content

メルロー
Merlot

赤ワインのブドウ品種 メルロー
起源:メルローは主なブドウ栽培国の全てで栽培されており、世界で栽培されている赤ワイン用のブドウの第2位と言われています。世界中のメルローのおよそ3分の2はフランスで栽培されています。最も広く栽培されているのは、フランスのボルドーです。その他の栽培国は、アルゼンチン、オーストラリア、チリ、イタリア、ニュージーランド、南アフリカ、米国 (カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州) です。
シノニム:Picard、Langon
栽培国: メルローは主なブドウ栽培国の全てで栽培されており、世界で栽培されている赤ワイン用のブドウの第2位と言われています。世界中のメルローのおよそ3分の2はフランスで栽培されています。最も広く栽培されているのは、フランスのボルドーです。その他の栽培国は、アルゼンチン、オーストラリア、チリ、イタリア、ニュージーランド、南アフリカ、米国 (カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州) です。

テイスト&ノート: メルローは、他のカベルネ種より1、2週間早く発芽し熟します。この品種は霜やクリュール (花ぶるい) の影響をうけやすいにもかかわらず、温度の低い地域の栽培家たちから歓迎されてます。このブドウの木はどちらかといえば精力的に育ちますが、完熟していないブドウや熟しすぎたブドウからのワインは、薬草のようなニュアンスで果実味がほとんどないものになるので、この品種はこまめな剪定や刈込が必要です。メルローは様々な土壌で良く育ちますが、一番良い結果がでるのは寒い地域の土壌で、最高なのは鉄分を含んだ粘土質土壌で栽培すること (最も有名なのはボルドー/ポムロールのペトリュス) です。この品種の大部分はブレンド用で、ボルドーの最も有名なワインの9割がたに使用されています。渋みがほとんどなく、糖度が高く、リンゴ酸が低いために、メルローはカベルネ・ワインのような濃い色調、ハイエキス、強いタンニンと素晴らしく調和します。また、メルローは極めて優れた品種もののワインをも造ることができます。 (メルローが90%以上であるペトリュスは最も有名な例です。)一般的に、メルロー・ワインはカベルネ・ワインよりも早く成熟するので知られています(もちろんペトリュスは除きます)、そして、このためにメルロー・ワインが愛飲家には魅力的なのです。タンニンと渋みがほとんどないので、若いときからメルロー・ワインは良さが分かりやすいのです。通常メルローを思い出せる果実のノートとしては、カシス、ブラックチェリー、レッドチェリー、ブラックベリー、桑の実、プラムが挙げられます。その他のノートとしては、グリーンオリーブ、パプリカ、マッシュルーム、タバコがあります。オーク樽の中で長年成熟すると、ワインはカラメル、チョコレート、ココナッツ、コーヒー、スモーク、ヴァニラ、クルミのノートを表します。


商品情報のPDFデータはこちら
Click here for PDF data of product information.



20商品





  • ギフト1本箱
    1,200円(内税)

  • ギフト2本箱
    1,300円(内税)

  • ギフト3本箱
    1,500円(内税)